お問い合わせ・見積り依頼

瑞浪市C様 雪により棟が曲がった事例

太陽熱温水器と棟の間に雪が溜まり、棟が崩れてしまったので

見て欲しいとチラシを見たお客様から、お電話を頂きました。

  

現地調査

屋根に設置してある太陽熱温水器の集熱器と棟の間に雪が溜まり

凍結して棟が押され崩れて(曲がって)しまいました。

  

  


施 工 中

耐震棟OP工法で棟の中に人工木(黒色の木)の芯材を入れて

強度を強くして棟を直しています。

*耐震棟OP工法の詳細はここをクリックして下さい

のし瓦同士を銅線で緊結し冠瓦は芯材にビス釘で固定します。

  


修理完了

冠瓦はビス釘で芯材に固定してあります。

雪が溜まっても壊れないように温水器を少し下に再設置

しました。

  

 

雪害による屋根修理事例一覧はこちらをクリック

株式会社 丸新美濃瓦 お問い合わせ

All rights reserved (c) 株式会社 丸新美濃瓦(まるしんみのがわら) | Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト 太陽光発電 岐阜・愛知・三重