スタッフダイアリー

崇禅寺様 開山堂屋根工事

丸新美濃瓦 管理部 自己紹介

今回は、2020年8月3日掲載の『崇禅寺』境内にある開山堂屋根工事の内容です。

崇禅寺は歴代妻木城主の菩提寺とされていました。

山門、鐘楼門、唐門、本堂、妻木城主廟所、観音堂、開山堂、稲荷堂、位牌堂、庫裡などがあり威厳のあるお寺です。

今回は、そのうちの開山堂の棟の積み替え、雨といの掃除を行いました。

<施工前>

<施工後>

のし瓦がズレています。

シックイが剥がれています。

シックイではなく、面戸瓦を使用しました。

降り棟の冠がズレています。

隅棟の土が崩れ、のし瓦もズレています。

 

雨といに、枯れ葉が溜まっています。

 

枯れ葉が雨といに溜まって雨水が流れず溢れ出ています。

既存の瓦をめくり、耐震棟金具施工。

新しいのし瓦を銅線で緊結施工。

降り棟も既存の瓦をめくり、耐震棟金具施工。

新しいのし瓦を銅線で緊結施工。

棟積み替え施工完成。

隅棟も耐震棟金具を使って、施工しました。

 

 

記事一覧

1ページ (全120ページ中)

ページトップへ