スタッフダイアリー

台風でスレート材の袖瓦が飛んでしまいました

営業部 岡野 健一 自己紹介
2018/12/28(金) 屋根工事について

こちらも9月の台風で袖瓦(赤い〇部分)が飛んでしまいました。

 

飛んでしまった部材です。

人や建物等に当たらなくて良かったです。

 

袖瓦が飛んでしまった部分を上から見ると、木が見えてしまっています。

新しい袖瓦を取り付ける前に、雨が入らないように下葺防水シート

(緑色のシート)を張ります。

 

 

新しい袖瓦を取り付けました。

 

記事一覧

1ページ (全107ページ中)

ページトップへ