スタッフダイアリー

土岐市新庁舎 屋根工事

営業部 加藤  達彦 自己紹介
2019/02/18(月) 屋根工事について

土岐市新庁舎の屋根工事を行いました

2018年11月 鉄骨が組まれました

耐火野地板を鉄骨にビスで留めていきます

クレーンで、荷揚げします

耐火野地板の上に、外断熱瓦下地(発泡ポリスチレン製)の下地を

専用接着剤を使って貼っていきます

接着剤が規定通り付いているか確認しています

瓦も、専用接着剤を使用し外断熱瓦下地材に付けていきます

接着剤が規定通り付いているか確認しています

外断熱瓦下地材に、瓦を付けるとこんな感じです

和瓦用は、横4枚 × 縦4枚の16枚用です

 

瓦を専用接着剤で付けていきます

だいぶ出来上がりました

 

上から見ると

軒先の瓦は、一文字軒瓦(いちもんじのきかわら)スッキリしてます

避雷導線(ひらいどうせん)が取り付けてあります

棟の冠を取り付ける位置を、糸を張って決めていきます

点検用吊り環(てんけんようつりかん)を取り付けていきます

議会ゾーン(2F)部分の、開口部には、

尻掛一文字軒瓦(しりかけいちもんじのきかわら)を使用しました

瓦は約6万枚、工事日数は約3ケ月かかりました

 

 

 

記事一覧

1ページ (全109ページ中)

ページトップへ