スタッフダイアリー

板金講習会

代表取締役社長 塚本修久 自己紹介
2018/06/30(土) 屋根工事について

6月30日に当社で石付金属屋根材「ヴィクセン」の施工講習会を開催しました。

 「ヴィクセン」は一昨年から講習会を行っていますが、今回で4回目です。オリジナルの施工マニュアルを社内で改善したので、その施工講習会を行いました。

  改善した施工方法は施工現場で施工者一人づつOJTを行っていますので、今回の講者は初心者が多く、基本的な施工方法を基に丸新独自の施工と、注意点を中心に行いました。

 

軒先部の施工です。当社の施工は瓦と同じように軒先に人工木を入れます。

オリジナルでは入っていないので、軒先が垂れて見えるため改良しました。

 

 ケラバ部分はオリジナルでは板金を組み合わせますが、上から乗ると変形してしまうため、当社は人工木を芯に使います。

 

 隅棟と大棟に接する平本体は折り曲げる「立ち上げ加工」を行います。

てっぺんの大棟部には平本体の立ち上げが見えます。

オリジナルにはありませんが、当社独自の雨漏り対策です。


棟部の施工です。

 

棟部とケラバ部が交わる部分、棟巴の施工です。施工マニュアルの方法と当社独自の2種類の施工を行いました。

写真は当社独自の方法です。

 

谷部も改良しました。谷板金の形状は瓦に近い形状に変えました。

 

予定時間を目一杯使って講習を行っていただきました。

 

講師の宮本さんを始め受講された皆さん、最後まで片付けに協力していただきましてありがとうございました。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)

ページトップへ