完工事例

全ての工事|すべて

岐阜県可児市 ヴィクセンでカバー工法 Y様

岐阜県可児市 ヴィクセンでカバー工法 Y様
1.2017年07月20日
現場調査 1
現場調査 1

築12年ほどのお宅のお施主様から、屋根の化粧スレートが剥離・色あせが気になるので見て下さい。とお電話を頂き見に伺いました。

2.2017年07月20日
現場調査 2
現場調査 2

確かに、下から見ても色ムラが気になります。

3.2017年07月20日
現場調査 3
現場調査 3

屋根面をアップしてみると、剥離している部分があるようです。

4.2017年07月20日
現場調査 4
現場調査 4

屋根に登ってみると、屋根面がボロボロで剥離や割れています。幸いなことに、こんな状態でも下葺き材等で雨漏りはしていませんでした。

5.2017年07月20日
現場調査 5
現場調査 5

屋根面がボロボロで剥離し、割れている屋根材もあります。

6.2017年07月20日
現場調査 6
現場調査 6

お施主様は屋根に上れないため、屋根の状態を写真でご説明させて頂きました。

7.2017年07月31日
ヴィクセンをお薦めしました
ヴィクセンをお薦めしました

カラーベスト屋根にカバー工法が出来る板金の屋根材『ヴィクセン』は、ベルギー工場で一貫生産された天然石付ガルバリウム鋼板屋根材です。ガルバリウム鋼板にスト-ンチップ仕上げなので耐久性、雨音の軽減に優れています。

8.2017年07月31日
ヴィクセンでカバー工法
ヴィクセンでカバー工法

劣化したカラーベストの上から耐久性のある石付ガルバリウム鋼板を被せ施工。工期の短縮や廃材処理の軽減でコストダウン。屋根が二重になるので雨音や夏の暑さも防ぎます。

9.2017年08月20日
安全足場設置作業
安全足場設置作業

お施主様から、ヴィクセン(アンティークブラウン色)のカバー工法でお願いします。と言われましたので安全足場を設置しました。

10.2017年08月22日
カバー工法
カバー工法

既存のカラーベスト屋根はめくらず、その上に下葺材防水シート(水が中に入らないためのシート)を張り、その上に板金の屋根材『ヴィクセン』を被せていきます。既存のカラーベスト材をめくらないため、工事中の雨漏りの心配がなく、廃材も出ないのでコストダウンになります。

11.2017年08月22日
カバー工法
カバー工法

既存のカラーベスト屋根はめくらず、その上に下葺材防水シート(水が中に入らないためのシート)を張り、その上に板金の屋根材『ヴィクセン』を被せていきます。既存のカラーベスト材をめくらないため、工事中の雨漏りの心配がなく、廃材も出ないのでコストダウンになります。

12.2017年08月23日
平部葺き上がり
平部葺き上がり

平部が葺き上がりました。既存のカラーベスト屋根はめくらず、その上に板金の屋根材『ヴィクセン』を被せるので工期の短縮、屋根が二重になり雨音や夏の暑さも防ぎます。グラデーションカラーが優雅な雰囲気です。

13.2017年08月24日
壁際納め
壁際納め

壁際L字に下葺材防水シート(水が中に入らないためのシート)を立ち上げ水の侵入を防ぐ処理をして、その上にヴィクセンの役物を被せて施工します。

14.2017年08月24日
棟部納め
棟部納め

棟部(屋根頂部)に冠板金を被せてビスで留めていきます。

15.2017年08月25日
完成
完成

ボロボロになってしまったカラーベストはめくらず、その上に下葺材防水シート(水が中に入らないためのシート)を張り、その上に板金の屋根材『ヴィクセン』を被せて完成です。

16.2017年08月25日
完成
完成

ボロボロになってしまったカラーベストの上に、板金の屋根材『ヴィクセン』でカバー工法完了。『ヴィクセン』は木を割った木目パターンのデザインです。シンプルでナチュラルな木の風合いは北欧で昔から愛され、建物をより優雅に演出します。耐久性にも優れ、日本における洋風住宅の屋根材として最適です。

17.2017年08月25日
完成
完成
18.2017年08月25日
完成
完成
19.2017年08月25日
完成
完成
全ての工事 - すべて にある

その他の完工事例

ページトップへ