沿革・社長挨拶

昭和46年  9月 岐阜県瑞浪市稲津町萩原958番地の1の1に陶器瓦工場を新設。
昭和49年10月 日本瓦(イブシ)製造開始。
昭和51年  1月 食器製造工場として 株式会社 太新 を瑞浪市稲津町萩原1213番地の3に設立。
昭和52年  6月 株式会社 丸新と名称変更し、代表取締役に塚本春二就任。同時に食器工場からレンガタイルの製造工場に変更。
昭和53年  8月 土岐駄知町にS瓦を製造する 株式会社陶芸瓦 を設立。
昭和58年10月 飛水窯業 株式会社に資本参加し 株式会社丸新飛水瓦として再発足。
昭和61年  1月 美濃焼瓦工業株式会社と業務提携を図り資本参加する。
昭和62年  1月 営業効率を高めるため販売部門を独立。株式会社丸新美濃瓦 として発足。
昭和62年11月 土岐市泉仲森町に営業事務所新築し移転。
平成 元年10月 葺き替え工事の環境を完全するためにクリーンカーを導入。
平成 16年   6月 代表取締役社長に塚本修久就任。
平成16年10月 安全衛生体制強化のため安全大会と安全パトロールを開始。
平成17年   6月 営業効率を高めるため(株)丸新美濃瓦と(株)丸新飛水瓦を合併。
平成17年 11月 産業廃棄物収集運搬業許可を取得。
平成21年   6月 本社を土岐市土岐津町土岐口1372-1に移転。
平成22年   3月 瓦・屋根工事に親しんでいただくイベントとして「屋根祭り」を開催。

 

 現在タイルは関連会社の(株)丸新で製造していますが、瓦製造は終了しております。

 

陶磁器生産日本一を誇る岐阜県東濃地方。丸新美濃瓦は昭和46年(1971)、この地で産声を上げました。。以来、瓦・タイルの製造販売および屋根工事を手がけました。地元密着の企業であることから、一般住宅の屋根の補修、葺き替え、太陽光発電システムの施工に力を入れ、「瓦一枚から駆けつけてくれる街の屋根屋さん」として多くの方々に親しんでいただくことを目標にしております。

その一方で皇居の賢所参集所をはじめ、西本願寺参拝会館、松本城太鼓門など数多くの文化財を施工しています。また教育施設や文化施設、厚生施設などの公共工事も得意分野としております。

瓦の需要はいまだ減少傾向にありますが、建築業界がスクラップ&ビルドからストック重視の時代へと移行した現在、徐々にその耐久性やランニングコストの安さが見直されつつあります。施工方法も飛躍的に進歩しており、耐震性も大幅に向上しました。それに何と言っても瓦屋根の連なる風景は、日本人にとって大きなやすらぎであり、原風景と呼べるものです。1400年という長きにわたって日本人に愛され続けている瓦、その良さを伝えていくのも私たちの重要な責務と考えております。

2017年に丸新美濃瓦は創業46周年を迎えました。素朴でありながら奥深さと力強さを秘めた瓦と同じように、あたりまえのことをあたりまえにできる企業として、これからも歩み続けたいと願っております。どうぞ皆様、今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう、偏にお願い申し上げます。

 

 

 

ページトップへ